外壁の張り替えと外壁の上張りの長所短所|近藤栄一塗装店




近藤親方の生い立ち
どんな職人さん?
施工エリア
近藤栄一塗装店の保証
よくある質問
外壁塗装の流れ
屋根塗装の流れ
アパート外壁塗装
浴室の塗装
店舗塗装
シャッター塗装
外壁のひび補修
断熱塗料
冬の塗装
こんな塗装もいたします
外壁張り替え・上張り
屋根の葺き替え・重ね葺き
外壁部分張り替え
塗替えで失敗しない方法
資料請求
お問い合わせ・お見積り

会社概要
プライバシーポリシー


外壁張り替え・外壁上張り(重ね張り・カバー工法)

寿命を迎えた外壁材に塗装をしても長持ちせず、結局数年後には張り替えか、重ね張りが必要になります。その場合、足場代も含め無駄なお金がかかることになりますのでしっかりと現状を確認することが外装リフォームで失敗しない為に大事なポイントの一つです。
当店では塗装よりも張り替え、重ね張りを行った方が良いと判断した場合や、塗り替えと、張り替え、重ね張りで迷われている方にも長所と短所をご説明し、お客様のご要望に添い最もよい方法をご提案いたします。

外壁の張り替えと上張り(重ね張り・カバー工法)の違いとは?
●外壁の張り替え
現在の外壁材を撤去してから、新しい外壁材を張る工事方法
●外壁の上張り(重ね張り・カバー工法)
現在の外壁材の上から、新しい外壁材を張る工事方法

どちらの方法にも、長所と短所があります。

外壁張り替え 外壁上張り(重ね張り・カバー工法)
長所

●既存の外壁を撤去する事によって、胴縁や透湿防水シート等、壁の内側の下地も補修する事ができる

●今までとは違う素材の外壁材を張ることによってお家全体のイメージを変えることが出来る

●廃材の処分費が抑えられる(特に2004年以前に施工された建物でアスベストを含んだ建材を使用している場合は廃材処理費用が殆どかからずに済む)

●既存の外壁材の撤去がないので、その分工期が短い

●重ね張りすることによって壁の層が厚くなるため、遮音性が増す

短所

●現在のサイディングにアスベストが含まれている場合、処分費が高額になる

●構造的に、コンクリートとモルタルの場合は張り替えができない場合がある

●劣化の状況によっては、施工できない。

●金属系のサイディング材しか選択できない場合が殆ど

●内部結露を起こす場合がある

※上張りの場合は耐震性もありますので、重さに注意が必要です

ご覧になりたい工程をお選びください。 外壁張り替えの工程 外壁上張りの工程(重ね張り・カバー工法)
外壁張り替え 【窯業系サイディングから金属系サイディングに張り替えした施工の流れ】

施工前
築28年
窯業系サイディングから、金属系サイディングに張り替え

①足場組立

安全に無駄なくスムーズに作業が出来るように足場を組みます。

事前に取り外す必要のある竪樋や外部住設機器等を取り外した後、既存の外壁材を撤去していきます。外壁材を撤去した後、下地の傷みを確認し、補修の必要がある場合は補修作業を行います。
また、左写真のように黒いフェルトが張られている場合は必ず撤去します。

③既存胴縁撤去作業・新規胴縁取り付け作業

胴縁は、外壁材の種類や張り方に応じた取り付けが必要になります。既存の外壁材と新しい外壁材の張り方がヨコとタテで異なる場合は、既存の胴縁を撤去してから新たに胴縁を取り付けます。 

④透湿防水シート張り作業

外壁材を張る前に、水は通さず、湿気は通す性質をもつシートを隙間なく張ります。

⑤開口部廻り水切り取り付け作業

開口部廻りに雨水の侵入を防ぐ水切り材を取り付けます。

⑥新規外壁材張り替え作業

スターターやジョイナーベースなどの役物を取り付け、施工箇所に合わせてカットした外壁材をしっかり固定していきます。

⑦目地カバー・出隅カバー取り付け作業

外壁材を張った後、目地カバーと出隅カバーを取り付けます。

⑧コーキング作業

外壁材のつなぎ目や窓廻り等にコーキングを施します。

⑨撤去物の復旧取り付け作業

張り替え前に取り外した、竪樋、外部住設機器等を元の位置に戻します。 

外壁張り替え完了
最終確認後、足場を解体後掃除を行い、外壁の張り替え工事の完了です。

▲上へ
外壁上張り(重ね張り・カバー工法) 【セメント壁の上から金属系サイディングを上張りした施工の流れ】

施工前
築40年
セメント壁の上から、金属系サイディングを上張り

①足場組立

安全に無駄なくスムーズに作業が出来るように足場を組みます。

②胴縁取り付け作業

事前に取り外す必要のある竪樋や外部住設機器等を取り外した後、新規の外壁材を張る為の胴縁を取り付けていきます。

③透湿防水シート張り作業

外壁材を張る前に、水は通さず、湿気は通す性質をもつシートを隙間なく張ります。 

④開口部廻り水切り取り付け作業

開口部廻りに雨水の侵入を防ぐ水切り材を取り付けます。

⑤新規外壁材上張り作業

スターターやジョイナーベースなどの役物を取り付け、施工箇所に合わせてカットした外壁材をしっかり固定していきます。

⑥目地カバー・出隅カバー取り付け作業

外壁材を張った後、目地カバーと出隅カバーを取り付けます。 

⑦コーキング作業

外壁材のつなぎ目や窓廻り等にコーキングを施します。

⑧撤去物の復旧取り付け作業

事前に取り外した、竪樋、外部住設機器等を元の位置に戻します。 

外壁上張り完成
最終確認後、足場を解体後掃除を行い、外壁の上張り工事の完了です。

▲上へ
外壁張り替え・外壁上張りをされたお客様の声・施工例はこちら
新潟市中央区
工事名 外壁張り替え
施工面積 229.2m²
外壁材 金属系サイディング

施工前

施工後
新潟市秋葉区
工事名 外壁張り替え
施工面積 178.8m²
外壁材 金属系サイディング

施工前

施工後

新潟市西区
工事名 外壁張り替え
施工面積 153.2m²
外壁材 金属系サイディング

施工前

施工後
新潟市中央区
工事名 外壁張り替え
施工面積 158.0m²
外壁材 金属系サイディング

施工前

施工後
新潟市江南区
工事名 外壁張り替え
施工面積 128.5m²
外壁材 金属系サイディング

施工前

施工後
新発田市
工事名 外壁張り替え
施工面積 174.5m²
外壁材 金属系サイディング

施工前

施工後

新潟市東区
工事名 外壁張り替え
施工面積 182.3m²
外壁材 金属系サイディング

施工前

施工後
新潟市西区
工事名 外壁張り替え
施工面積 191.0m²
外壁材 金属系サイディング

施工前

施工後
新潟市中央区
工事名 外壁張り替え
施工面積 190.8m²
外壁材 金属系サイディング

施工前

施工後
新潟市中央区
工事名 外壁張り替え
施工面積 84.2m²
外壁材 窯業系サイディング

施工前

施工後
新潟市秋葉区
工事名 外壁張り替え
施工面積 274.0m²
外壁材 窯業系サイディング

施工前

施工後

新潟市中央区
工事名 外壁張り替え
施工面積 143.0m²
外壁材 窯業系サイディング

施工前

施工後
新潟市東区
工事名 外壁張り替え
施工面積 178.0m²
外壁材 窯業系サイディング

施工前

施工後

お問い合わせは今すぐ「ホームページを見たの」とお電話を。お問い合わせ・ご相談はお気軽に(朝8時〜夜7時まで)0120-62-7005